♡女子力♡ UP↑ちゃんねる

前向きに綺麗になる 女の子のブログまとめ

【悲報】冬でも湯船に浸からないヤツがいるってマジかよ・・・「シャワーしか浴びない人」が損している理由がこれ

   

ライフハックちゃんねる弐式 https://ift.tt/2Qjavld

湯船に浸からずにシャワーのみは損?医学的に見る疲れをとる入浴法 - ライブドアニュース

専門家によると、シャワーを浴びるだけの入浴では疲れをとれないとのこと
体温が十分に上がらないので血液が循環せず、疲労回復効果が低くなるため
40℃のお湯に肩までの全身浴で、毎日10~15分浸かるのが正しい入浴法だそう

~(略)~

お風呂の温熱によって体が温まると、たくさんの血液が体中を巡るようになります。血液には、酸素や栄養分、ホルモン、免疫物質など、私たちの体にとって「大事なもの」を運び、さらに二酸化炭素や疲労物質・老化物質などの「いらないもの」を回収するはたらきがあります。

温熱効果で血流が増えることで、体の隅々の細胞まで血液が行き渡ります。新陳代謝が活発になることで、体がすっきりリフレッシュするのです。また、お風呂の水圧(静水圧)には、血液循環を促す効果がありますが、シャワーではその効果ものぞめません。

ちなみに、かつてブームになった「半身浴」ですが、「半身浴ならでは」という特筆すべき健康効果はありません。基本的には全身浴をおすすめします。半身浴では入浴にとって重要な「温熱作用」の効果が半減してしまいます。しっかりと全身でお湯に浸かったほうが体は温まり、血流もよくなります。

人間の体内にある「自律神経」には、積極的な活動をつかさどる「交感神経」と、体の修復をつかさどる「副交感神経」があります。仕事のストレスや緊張で興奮状態にある体は、交感神経が優位の状態にありますが、お湯に浸かってリラックスすることで、副交感神経優位の状態にスイッチが切り替わります。

現代社会は、心身への慢性的なストレスが多く、交感神経が必要以上に刺激されていますので、夜はいかに交感神経のスイッチをオフにできるかが、疲労回復のカギになります。

ヘトヘトになって帰宅した後、浴槽を洗ってお湯を沸かすのは、ちょっと面倒かもしれません。しかし、「シャワーだけで疲れがとれず、翌日までずっとだるさを引きずってしまう。そしてまた疲れて帰宅」という悪循環に陥ってしまいます。

十分な体温上昇(0.5~1℃)、血流アップによる老廃物の代謝、副交感神経への刺激。これらは、湯船に浸かってこそ得られる健康効果なのです。

~(略)~

http://news.livedoor.com/article/detail/15709401/

続きを読む

 - 未分類 ,

×